成功し続ける会社になるには『社長の◯◯』が欠かせない

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

成功し続ける会社になるには
『社長の◯◯』が欠かせない

現在のウィルウェイの会社規模は、
社員数が9名在籍する年商2億円弱程度です。

中小企業は、
規模の経営を目指すのではなく、
利益率の高い強かな体質が理想です。

そして、
成功し続ける、潰れない会社を
社員と一緒に創り上げています。

そんな、ウィルウェイの志命は、
『日本の中小企業の永続率を
 10%にします!』

です。

この志命は、
自社だけでは達成することは到底できません。

成功し続けたいと考えている社長と一緒に
今までの知識と経験を知恵として共有して、
10年以上お客様に愛され続ける会社、
お客様に『無くては困ります』と言われる会社
をつくるお手伝いをさせて頂いています。

そのため、社員に求める業務レベルは、
高いレベルになってしまいます。

『それではお客様の手本にならない!』
『誰にでもできることを
 誰にもできないくらい徹底的にやる』
といった具合に。

そんなウィルウェイグループも
2015年1月の経営計画発表会で
おかげさまで
20年目を迎えることができました。

中小企業が20年続く確率は、
たったの0.3%です。

1000人の経営者が誕生したとしたら
20歳を迎えられる人は
たったの3人しかいないということです。

そんな20年目を迎える私が、
常に気をつけていることがあります。

それは、
『社長の学び続ける姿勢』です。

会社のトップがこれをなくした時から、
会社は確実に何かがおかしくなりはじめ
業績不振を起こします。

なぜ、社長の学び続ける姿勢がないと
会社がおかしくなりはじめるのでしょうか?

明日のメルマガで、
その理由をお伝えしていきます。

成功し続ける会社には、
社長の学び続ける姿勢が
不可欠。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 社長の決断 】

従業員とその家族の生活

すべてがかかっている。

全従業員の責任を一人で背負う。

その決断の重さゆえ、社長は孤独です。

頼れるのは自分だけ、

他力本願では経営は成り立たない。

自己弁護も一切の言い訳も許されない。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら