中小企業の意識改革のためには一貫性のある組織を!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

中小企業に必要なのは
◯◯◯◯のないサービス

 

 

認知度向上活動を徹底して実行したり、
多額の宣伝広告費を使って集客活動を行って、
多くのお客様に
商品・サービスを購入してもらう前に、
絶対に実施しておかないと
いけないことがあります。

 

 

それは
いる気社員のヤギ集団
やる気社員のオオカミ集団
変えること(意識改革)です。

 

 

ヤギは敵から追いかけられると
最初は群れをなして逃げますが、
狙われているのが自分でないとわかると
我関せずと何事もなかったがごとく、
また草を食べはじめます。

 

 

ある意味、薄情であり、
集団性と独立性を
併せ持っていることが特徴です。

 

 

一方、オオカミはチームで獲物を捕ります。

 

 

チームはボスのオオカミが統率していて、
他のオオカミたちは
各々に任せられている役割があります。

 

 

その自分の役割を全うすることで
チームとして機能し、
狩りが成立しています。

 

 

もしチームがバラバラだと、
うまく獲物を追い込むことができません。

 

 

組織がヤギの集団のようであった場合、
たくさんのお客様を迎えてしまうと、
お客様の期待値を超えることは
なかなか難しくなります。

 

 

なぜなら、
お客様に接するヤギによって
対応にバラツキがあり、
その集団から一貫性のある商品・サービスを
受けることができないからです。

 

 

もし受けられたとしても、
次回もそれが受けられるとは限らないのです。

 

 

オオカミの集団は、
各々の役割によって成立する
チームというものを理解しています。
チームとしてお客様を迎えているので、
一貫性のある商品・サービスを
お客様に提供し、期待値を超えることが
できるのです。

 

 

一貫性のあるオオカミ集団こそ
中小企業のあるべき姿。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 守り 】

好きができるとともに、

革新的(積極的)は発想も生まれず、

また集団として目指すべき目標に

バラツキがでる。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone