競合他社に負けない選ばれる会社を作る経営方針

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

『共創』から『競争』の時代へ

 

 

少し前までは飲食業界は
共存が可能な業界でした。

 

 

競合他社(ライバル)たちと切磋琢磨しながら
共に生きていくことができました。

 

 

しかし、
現在は状況が大きく変わり
競争の時代になっています。

 

 

競争の時代とは、
どちらか一方がなくなる厳しい時代です。

 

 

ライバル(競合他社)はわが社のお客様を奪いながら
わが社のサービスが不足している点を
教えてくれます。

 

 

それをすぐに改善できるかどうかが、
この時代を生き抜くための鍵となります。

 

 

そんな厳しい時代だけに、
どの店も今月の売り上げ、
さらには今日の売り上げを欲しがって
奔走しています。

 

 

目先の売り上げを上げる方法として、
現場での超短期決戦が一番効果的です。

 

 

その結果、どこのエリアに行っても

『乾杯ビールサービスします!』
『いまだけ15%OFFです!』

などの、キャッチと呼ばれる
店のスタッフにお客様を捕まえさせる
ことになっているのです。

 

 

どこの組織も売上が欲しいのは当たり前です。

 

 

しかし、
売上=お買上高ですから、
店側に決定権はありません。

 

 

商品・サービスを購入するかしないかは、
100%お客様が決定権を持っています。

 

 

したがって、
店の前でキャッチを行うこともいいですが、
できればお客様同士で
『今日はどこの店に行く?』
と相談している段階で、
自分の店の名前が挙がることが
理想となります。

 

 

しかし、
そこであがる名前は
多くて3つくらいです。

 

 

では、どのようにすれば、
その中に名前を入れることが
できるのでしょうか?

 

 

その方法は次回のブログで。

 

 

狩猟型の経営では
安定した成長はできない。
安定した成長は
農耕型の経営に現れる。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 キャンペーン 】

お客様への提案の切り口を変えることです。

お客様の様々なニーズにあった

商品・サービスを提案する。

また市場・事業特性に合わせた提案を行う。

提案は、

①断られるため

②知ってもらうため

③買ってもらうため

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone