法人営業の徹底!中小企業に欠かせないミツバチ営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

中小企業最強の営業スタイルは
クモの巣営業+◯◯◯◯営業だ!

 

 

ある日、わが社の本社に、
ある居酒屋の店長が営業に来ました。

 

 

名刺とパンフレットを置いて、
『ぜひ来てください!』
とさわやかに挨拶していきました。

 

 

現在の本社に移転したから約4年で
飲食店からの飛び込み営業は初めてでした。

 

 

『4年で1件かぁ』
と考えているうちに、
ほかの会社がどうなのか
知りたくなりました。

 

 

『あなたの会社に1年間で
 
何件の飲食店が営業に来ますか?』

『あなたの会社のまわりの飲食店で、
 行ったことがあるお店と
 いったことがないお店は
 どちらが多いですか?』

 

 

この2つの質問を、
打合せなどで会う人に
質問し続けました。

 

 

50人くらい聞いた結果は、
予想していた通りとなりました。

 

 

会社に営業で訪問してくる
飲食店は1年間で1店舗未満。

 

 

 

そして、会社の近くの飲食店は、
圧倒的に行ったことがない店の方が
多いという結果になりました。

 

 

この結果を見て、
私は法人営業を
徹底することを決めました。

 

 

この方針決定に、
社員は乗り気ではありませんでした。

 

 

法人営業はスーツを着て、
半径200メートル以内の法人を
1件1件訪問する
とても骨の折れる仕事です。

 

 

店舗ビジネスで採用された社員は、

『僕たちは営業マンで
 採用されたわけじゃないですよね』

と、この仕事をとても嫌がります。

 

 

それでも、
自分たちが変わり続けるか、
それとも時代の変化に置いて行かれるかの
二者択一だったため、
社員は泣く泣く前者の変わり続ける
ことを選択しました。

 

 

では、一体、
どのように法人営業するのか?
その詳細はまた
次回お伝えします。

 

 

クモの巣営業+ミツバチ営業。
これが最強の営業スタイル。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 営業 】

次の訪問ができるようにしてくることです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone