成功し続ける社長がしている凄くシンプルな3つの行動

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から

”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

成功し続ける社長がしている
すごくシンプルな3つの行動

 

 

成功し続けている社長の数は本当に少ない。

 

 

せっかく社長になったにも関わらず、
10年後に社長で居続けられる人は、
中小企業全業種平均で
7%と言われています。

 

7%と言われると
パッと来ないかもしれません。

 

 

100人社長が誕生したとすると、
社長として
10歳を迎えられる人は7人。

 

 

厳しいようですが、
これが現実なのです。

 

 

では、成功し続ける社長は、
どのようなことをしているのでしょうか?

 

 

過去に行っていた人材派遣事業。
そして、現在行っている経営塾。

 

 

500人を超える社長
お付き合いさせて頂きました。

 

 

成功し続ける社長がしている行動には
3つの傾向があることがわかりました。

 

 

成功し続ける社長の3つの要因

 

①何をすべきかを知っている
②実践している
③実践し続けている

 

成功し続けている社長がしていることは
とてもシンプルなこの3つの行動なのです。

 

とてもシンプルに見える3つの要因ですが
どれくらいの人が実際にできているか
以下のような結果が出ています。

 

 

1,000人の社長がいたとすると…。

 

 

1,000人の社長のうち、
『①何をすべきかを知っている』人は、
たったの20%、200人です。

 

 

1,000人の社長のうち、
『②実践している』人は
たったの4%、40人です。

 

 

1,000人の社長のうち、
『③実践し続けている 』人は、
たったの1%、1人です。

 

 

 

とてもシンプルに見える
成功し続ける社長の3つの要因ですが、
実践できている人が少ないと言えます。

 

 

 

何よりも問題なのは、

『何をすべきかを知っている』
社長が少なすぎる

ということです。

 

 

世の中の80%の社長は、
『何をすべきか知らない』ために
経営がうまくいっていないことがわかります。

 

 

ですから、
経営が難しいわけでもないのです。
社長の能力が無いわけでもないのです。

 

 

ただ、
経営のやり方を
知らないだけなのです!

 

 

ただ、
社長として
未熟なだけなのです!

 

 

 

誰にでも結果が出せるサイクル経営
1人でも多くの社長に知ってもらいたい!
多くの社員とその家族を幸せにしてほしい! 

 

 

その結果、
日本の7割の雇用を生み出している
中小企業が元気になることで

 

 

子供たちが、もっともっと
誇りの持てる国にできると信じています。

 

 

 

『成功するための最初の1歩は、
 社長が無知であることを
 自覚すること』

 

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 社長の決断 】

従業員とその家族の生活

すべてがかかっている。

全従業員の責任を1人で背負う。

その決断の重さゆえ、社長は孤独です。

頼れるのは自分だけ、

他力本願では経営は成り立たない。

自己弁護も一切の言い訳も許されない。

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone