売れる方程式!商品力と販売力の関係を知る!

30396
Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

売れるとは、
◯◯×◯◯の結果であることを知る

 

 

 

できる社員だけが知っていることとは、

『売れるかどうかは商品力と販売力の
 2つの力の掛け算で決まる』

ということです。

 

 

できない社員は、これを理解していません。

『良い商品さえつくれば売れる』

と信じ込んでいるのです。

 

 

販売することは、大変な仕事で
社員にとっては労力が必要です。

 

 

そして、売れない時の方が多い為、
心が折れる業務でもあります。

 

 

そのために
自分の販売力のなさを無視して、
商品力向上のために、
商品開発に逃げてしまいます。

 

 

商品開発は悪いことではありません。
お客様の声を聞いて、
ゆるやかなバージョンアップを
していく必要はあります。

 

 

しかし、できない社員は、
その前に商品が売れるための方程式を
理解しなければなりません。

 

 

『商品力(100)×販売力(0)
 =売れる(0)』

 

 

残念ながら
どんなに商品力があっても、

販売力がなければ
商品が売れることはありません。

 

 

できる社員はこの方程式を知っています。

 

 

そのうえ、
商品力は日々改善されるもので、
お客様のニーズが変わり続ける限り、
100%完成することはないことを
知っています。

 

 

そのため、商品開発に
時間を割きすぎることをしません。

 

 

『商品力(50)×販売力(100)
 =売れる(5000)』

 

 

販売力さえあればなんとかでる。
そう信じて動くのが、
できる社員の特徴です。

 

 

そして、
動き続ける、販売し続けることで、
商品が売れるという
成功体験を積み重ねていきます。

 

 

成功体験を積む
→実行すればうまくいくことを知っている
→方針をすぐに実行する

というプラスのプログラムが
脳の中に出来上がっています。

 

 

反対にできない社員は、
成功体験が少ない
→実行してもうまくいくかどうかわからない
→方針をすぐに実行しない

というマイナスのプログラムが
つくられてしまっています。

 

 

できない社員を
できる社員に変えるためには、
小さな成功体験を
たくさん積ませることが必要です。

 

 

そのためには、嫌々でも構わないので
会社の方針を実行させ、
成果を出させることが
社長には求められています。

 

 

販売力は商品力を凌駕する。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 コスト 】

販売が会社の運営上第一で、

コストはその次です。

売れて初めてコストが発生する。

売れなければただのロスです。

 

 

Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0