業績アップの鍵は「 社員が理解できる数字」を使うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

全員に理解できる数字で話をする。

 

 

 

ある会社の数字を、
マトリックス会計図で表してみました。

 

 

上の図で点線で囲われている
損益計算書の数字は、
実は社員は理解できていません。

 

 

ここで言う『理解できていない』とは、
この数字を見ても行動が起こせない。

 

 

どういう行動を取ることで、
ここの数字がどれぐらい動く
ということがわからない
という意味です。

 

 

そこで、
上の図のような数字で話することを避け
もう少し細分化した数字で話をします。

 

 

一番わかりやすいのは、
下の図で実戦で囲われている
客単価の数字・客数の数字
話をすることです。

 

 

損益計算書(P/L)とは、
この図の通り、
客単価の構造に客数をかけたものです。

 

 

そのために額が大きくなる
損益計算書の数字を使っての話をやめ
客単価と客数の数字を使って
話していくのです。

 

 

特にアルバイト・パートには、
細分化した部分の数字以外は話をしません。

 

 

損益計算書の数字を使って

『粗利益を360万円確保しなさい』

と指示をされるよりは、

『客単価の粗利益を
 2800円から3000円に
 200円増やしなさい』

と指示をされた方が
言われた社員には想像できる数字のため
打つ手が無限に広がってきます。

 

 

『もう一品おすすめしよう』
『粗利益が高い商品をおすすめしてみよう』
など、より具体的な行動ができます。

 

 

社員を動かすためには、
社員が理解できる数字で
指示することが重要なのです。

 

 

業績アップは、
『全員が理解できる数字』
があるかないかで決まる。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 言葉 】

相手に自分の考えていることが

伝わって初めて言葉という。

数字を使うとわかりやすく伝わる。

たった一言が、人の心を傷つける。

たった一言が、人の心を温める。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone