戦略MG(マネジメントゲーム)で社員にも経営者意識を持たせる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 

◯◯のために
経営者意識を持たせる。

 

 

理想とする経営スタイルのひとつに
『全社員経営』というものがあります。

 

 

正確には、
『全社員参画型経営』
経営者だけでなく、
社員一人ひとりが自ら考え、
判断し、行動し、責任をとることです。

 

 

全社員経営を目指すには、
社員もアルバイトも含めた
全スタッフに経営者意識を
持たせることが必要です。

 

 

ただし、経営者意識とは
そう簡単に持たせることはできません。

 

 

中小企業の社長とは、
社内では特別な存在で、
人事異動もなければ、
出世争いもありません。

 

 

個人で連帯保証人となって
銀行から融資を受け、
『事業の失敗=人生の失敗』
となるリスクを背負って、
全人生を懸けて経営しています。

 

 

どんなに意識や成長志向が
高い社員がいたとしても、
この経営者の意識や感覚というものが
伝わることはありません。

 

 

唯一方法があるとすれば、
実際に社長になってもらう
しかありません。

 

 

しかし、これは現実的ではありません。

 

 

そこで私の会社では、
経営者意識を少しでも社内に浸透させるために
戦略MG(マネジメントゲーム)という
経営シュミレーションゲームを使って、
社長を経験してもらっています。

 

 

同様の効果が期待できれば、
戦略MG(マネージメントゲーム)以外のツールでも構いませんが

私は、これに代わる社員教育ツールと
まだ出会ったことはありません。

 

 

それでは戦略MG(マネジメントゲーム)とは、
一体どのようなものなのでしょうか?


次回のブログでご紹介していきます。

 

 

社長の社会的責任を
全社員に疑似体験させる。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 社長の社会的責任 】

会社は実に潰れやすいもの、

という認識をもつことこそ第一に重要です。

売上不振によって、

資金繰り・労務管理のまずさによって、

思わぬ経済社会の激変や天災人災によって、

会社はつぶれる。

しかし、いかなる場合も社長は会社を

『存続・発展』させなければならない。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone