これが残念な学習方法だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 


これが残念な学習方法だ!

 

 

 

学習とは、
経験の積み重ねによる変化のことです。

 

 

同じテーマを少しずつ
レベルを上げながら
繰り返して行うことです。

 

 

1度目と2度目では差が出る。
この差を成長といいます。

 

 

1日目に
1、2、3、4、5を教えて、
2日目に
6、7、8、9、10を教えるから
上手くいかない。

 

 

多くの社長は急ぎたいあまりに
このやり方を繰り返してしまう。
そして、結局何も身に付かない。
何も身に付かないやり方を
体に覚えさせているようなものです。

 

 

1日目に
1、2、3、4、5を教えたのなら、
2日目には、
2、3、4、5、6を教えて、
3日目には、
3、4、5、6、7を教えることが
正しい学習方法です。

 

 

仕事の80%以上は
昨年と同じことが繰り返されています。

 

 

ですから、
繰り返し行われている80%の仕事を
どれだけ上手くできるかで、

 

 

そこで生まれた時間で
残りの20%の仕事に
対応することができます。

 

 

経営は博打ではいけない。

 

 

100年塾では、
あらゆることを
繰り返し循環させることで
強かな成功し続ける組織を作ります。

 

 

同じテーマを
少しずつレベルを上げながら
繰り返し成長していく。

 

 

あらゆることを
繰り返し循環させる。
この循環力が
強かな組織をつくる。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 学習 】

経験の積み重ねによる変化です。

同じテーマを少しずつレベルを上げながら

繰り返し行うことです。

1度目と2度目では差が出る。

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone