社員の意識を変える環境とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 


社員の意識を変える環境とは?

 

 

 

飲食店経営のような店舗ビジネスでは、
社員一人ひとりの仕事の
成果をハッキリさせることは
なかなか難しいものです。

 

 

そのため、
よほど優秀なリーダーがいない限り、
社員たちは悪い意味で、
自分はチームの一員と考えて他人に依存し、

 

 

仕事が
『自分ゴト』ではなく
『他人ゴト』になり、
チームとして成果を上げることが
難しくなっていきます。

 

 

実際、多くの社長が
この問題で悩んでいて、
よく相談を受けます。

 

 

ポイントは、
『他人ゴト』と考えている仕事を
『自分ゴト』として考えさせる

ことにあります。

 

 

言い換えると、
『経営者意識を持たせる』
ということです。

 

 

『経営者意識を持たせる』
言葉で言うのは簡単ですが、
実際にはなかなか難しい。

 

 

経営者意識を持たせる一番最適な方法は、
経営者になってもらうことです。

 

 

しかし、現実では、
経営者になってもらうことは
ほぼ不可能です。
現実的ではありません。

 

 

そこで私の会社では、
戦略MG(マネジメントゲーム)
というツールを使って
経営者意識を疑似体験させています。

 

 

戦略MG研修-飲食版-
詳細はこちら

 

 

戦略MG研修では、
自ら社長になってもらい、
3年間、
会社の経営をしてもらいます。

 

 

なぜ、お客様が大切なのか?
なぜ、売上が大切なのか?
なぜ、値引きをしてはいけなのか?
なぜ、教育が大切なのか?
なぜ、変化していかないといけないのか?

 

 

これらのことを講座やお勉強ではなく、
自分自身が社長となり経営することで
自らその答えを体感してもらいます。

 

 

戦略MG研修は、
参加者の満足度が99.5%という
最強の社員教育ツールのひとつです。

 

 

日頃、他人ゴトで仕事している社員が
この研修に参加して、
『自分の会社が赤字』という体験をする。
人によっては『給料が払えない』体験をする。

 

 

研修では
社長としての意思決定をしてもらうので、

『◯◯社長、
 給料が払えませんがどうしますか?』

とインストラクターから聞かれます。

 

 

そこまで窮地に追い込まれて、
はじめて経営者の立場や考え方に
社員が気づくことができるのです。

 

 

こうした体験を戦略MGですると、
終了後のアンケートでは、

 

 

『社長という仕事が
 どれだけ大変なことをしているか
 わかりました』

『私は社長に向いていない
 ことがわかりました』

『日頃、社長が言っていることの意味が
 やっとわかりました』

 

 

などの感想がたくさん見受けられます。
まさに、
『他人ゴト』から『自分ゴト』に
変わった瞬間です。

 

 

他人ゴトを
自分ゴトにさせる
環境を持つ。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 経営者 】

一攫千金を狙ってはいけません。

地道な努力を積み上げることです。

会社の将来のことを

自分自身の判断で決定し、

そのために現状を変えるのが

経営者の役目です。

現状を守ろうとするのは、

事務屋です。

常に最悪のことを考えて手を打っておく。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone