オープニングキャンペーン

100年塾オープニング特典
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

はじめまして。

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

100年塾塾長の金村秀一です。

 

社員数30人規模の社長が
次のステージに上がるための
ヒト・モノ・カネの問題を解決する

『100年経営メール塾』
​をスタートします!

社員数30人規模の社長が次のステージに上がるためのヒト・モノ・カネの問題を解決する100年経営メール塾

 

はじめての方が多いと思いますので、
少しだけ私の自己紹介を
させていただきます。

 

 

現在、私は、
社員数30人規模の社長を対象とした
”人が自然と動き出す”
成功し続けるサイクル経営

100年塾の塾長として主宰しています。

 

 

100年塾には、北は北海道、南は九州から、
たくさんの社長の方にご参加いただいています。

 

 

いつも仕事をスーツを着てしていると
コンサルタントと
間違われることが多いのですが、
私自身、コンサルタントではなく、
現役の中小企業の社長をしています。

 

 

東京の上野と浜松町に
『日鶏〆(ひとりじめ)』という
老舗のやきとり屋を
2003年2月から経営しています。

 

 

ですから、皆さんと同じ
現役社長なのです。

 

 

では、なぜ100年塾のような仕事を
させていただいているか?

 

 

1995年に社長になってからこれまでの間、
企業のWEB制作や顧客管理、
マーケティング、飲食業界、人材派遣事業と
多岐に渡り事業をしてきました。

 

 

全盛期にはグループ全体の業績も
5億円超まで成長するものの、
その後リーマンショックに煽りを受け、
翌年の年商は1.6億円まで事業が縮小。
債務超過に陥り、倒産の危機となりました。

 

 

会社の解散も考えましたが、
『この先どの事業をしても
 人の問題は変わらない』と考え、

 

 

一倉定先生が推奨、小山昇氏が実践する
経営計画書によるサイクル経営スタイルを学び、
人材に依存する経営から、
個には頼らない成長し続ける強かな会社をつくり、
倒産寸前の状態から業績を
3年で過去最高益までV字回復させました。

 

 

私が実践している本質経営には高い再現性があります。

 

『誰にでもできることを
誰にもできないくらいやること』

 

この再現性の高さこそ、
経営の神様、一倉定先生の流れを組む
”人が自然と動き出す”
成功し続けるサイクル経営の特徴です。

 

 

中小零細企業の数は日本の99.7%を占め
わが国の7割の雇用を生み出しています。

 

 

しかし、
その中小零細企業の
10年後の永続率はたったの7%。

 

 

100人社長が誕生して、
10歳を迎えられる人は
たったの7人しかいません。

 

 

未来の子供たちのために、
もっと誇りの持てる国にしたい!
日本の7割の雇用を生み出している
中小零細企業をもっと元気にしたい!

 

 

そのためには、
誰にでもできる成功し続ける本質経営を
1人でも多くの社長に学んでもらい、
多くの社員とその家族を幸せにしてほしい!

 

 

そんな想いから100年塾を主宰しています。

 

 

通常の経営コンサルタントとは、
ヒト・モノ・カネを
戦術的に解決していきます。

 

 

戦術的とは、
戦略と比べ小規模かつ
短期的な方法を意味します。

 

 

『人生も仕事も
短期的に決断すると誤ることが多々ある』

 

 

私たちが100年塾でやっていることは、
経営計画書に基づいた長期的戦略のもと、
強かな企業文化を創っていくこと。

 

 

100年塾の特徴のひとつが、
全て『人』にフォーカスしていることです。

 

 

人に徹底的にフォーカスすることで、
結果として、
社員(ヒト)、お客様(モノ)、
銀行(カネ)までもが
自然と動きはじめます。

 

 

これが、半世紀以上語り継がれる
『”人が自然と動き出す”
 成功し続けるサイクル経営』
なのです。

 

 

『設計図』無しで家を建てる人はいません。

 

しかし、恐ろしいことに
経営の世界では『設計図』無しがほとんど。

 

 

『設計図』のない住宅を
『欠陥住宅』と言う。

『設計図』のない経営を
『欠陥経営』と言わない不思議。

偶然、生まれる会社もある。
偶然、成功する会社もある。

しかし、
偶然で
成功し続ける会社はない。

継続的な成功は、
決して偶然からは生まれない。 

 

 

国税庁の発表によると、
276万社のうち黒字企業は27.4%。
1,800社の顧問先を持つある会計事務所によると
経営計画書を作成している会社の
81.3%が黒字経営をしている現実。

 

 

『誰にでもできることを
 
誰にもできないくらいやること』

 

 

 

問題解決型の断片的な
ツギハギ経営ではなく、
ビジョン実現型の
成功し続けるサイクル経営

 

全国の同志と一緒に、
共に学び、
共に実践し、
共に成長する。

これこそが100年塾なのです。

 

 

このメルマガでは、
100年塾で教えている
『成功し続けるサイクル経営』を

忙しい経営者の方に読んで頂けるよう
1〜2分程度で読めるボリュームで
365日、毎日お届けします。

 

 

朝の身支度をしながら。
移動中の車の中や、電車の中。
ランチタイムや待合せの合間。

 

 

などなど、様々なシーンで
気軽に読んで頂けたら嬉しいです。

今なら、すぐにスマホで読める!

“社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
“社員が自然と動き出す”サイクル経営へ!
未来を現実にする「経営計画書」(PDF)

をプレゼントしております!
是非、お受け取りください!

 

ウィルウェイグループ 代表取締役
100年塾 塾長 金村秀一

社員数30人規模の社長が次のステージに上がるためのヒト・モノ・カネの問題を解決する100年経営メール塾

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone