”社長不在の日”をつくってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

仕事が出来る経営者は多い。

しかし、仕事の仕組み化が出来る経営者は少ない。

 

 

仕組み化は会社の継続性に大きな影響を与えます。

それにもかかわらず『仕組み化』が

苦手な経営者は実に多く存在します。

 

 

だから、一時的に成功する経営者は50%いますが、

10年以上成功し続けられる経営者は4%しかいません。

 

 

仕組み化に慣れ、取り組んでいくためには、

まず、仕組み化するという発想に慣れないといけません。

 

 

そのためにお薦めなのは、

強制的に仕組み化の発想を促す方法です。

 

 

『社長不在の日』をつくることです。

 

 

自分がいなくても回るようにするには、

どうすればいいのか?

自分がやらなくても済むには、

どうすればいいのか?

 

 

この発想を常に持ち、

仕組み化をし続けることが、

経営の継続力を格段にアップさせます。

 

 

また、社長不在は自立型組織を

促すためにも非常に役に立ちます。

社長不在が社長依存の体質を弱め、

社員の自立を促します。

 

 

『私がいないと会社はダメだ』

そんな風に考えていませんか?

社長がいて、生まれるものもあります。

社長がいなくて、生まれるものもあります。

 

 

『社長不在の日』をつくりましょう。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone