販売無くして事業なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

経営は売れないと続きません。

 

 

どんなに優れた商品を持っていても、

どんなにマネジメントが優れていても、

売れないと、続きません。

 

 

だから『売る力』がとても大事です。

 

 

それにもかかわらず、どうやったら、売れるのか?

どうやったら、買ってもらえるのか?

 

 

知らない経営者が多過ぎるのです。

学ぼうとしない経営者が多過ぎるのです。

 

 

売れなければ、

経営は絶対にうまくいきません。

 

 

その簡単な事実から、目を背けてはいけません。

 

 

幸運にも、売る力は、才能だけでは決まりません。

磨き上げられるものです。

 

 

売る力を、磨いていますか?

営業力を、高めていますか?

 

 

『売る力』を徹底的に磨いていきましょう。

 

 

人は、商品を見定めて買っているのでありません。

人は、人が買うのを見て買っています。

 

 

成功し続ける経営者は、このことを深く理解しています。

だから、行列をつくる工夫をします。

 

 

それを知らない経営者は『あそこの商品はヒットしていいなあ』

『うちも、あやかりたいものだ』なんて考えています。

行列は商品力によって、勝手に出来るものだと考えています。

しかし、行列は、ただ、自然に出来るのではありません。

そこには、工夫があります。

 

 

例えば、老舗店などが『包装を丁寧にする』というアクションは、

お客様に丁寧に接しているという印象を持ってもらいながら、

レジのお客様の滞在時間を長くする、という意味も持っているのです。

 

 

老舗は、実に、こういう所がうまくできています。

洗練されています。

 

 

デパ地下などの優秀な店舗も、

実は、ある程度は計算して行列をつくっています。

 

 

あなたの会社に、こういった工夫はありますか?

他の人が買っている姿勢を新しいお客様に見せていますか?

考えてみましょう。

 

 

リアルに購買の瞬間を見てもらえない業種でも、

『行列』(=社会的な証明)は作れます。

 

 

【お客様の声】を集めて公開すればいいのです。

 

 

ホームページに掲載したり、パンフレットに載せたり、

お客様の目につきやすい場所に載せて、

既存のお客様の『存在』を見てもらいます。

 

 

それが『すでに買ったお客様』がいる証明になります。

そして、新しいお客様を呼んできてくれます。

 

 

だから、最初のお客様たちは、とても大切です。

最初のお客様は、実績のない自分たちにかけてくれた、

かけがえのない存在なのです。

 

 

だからこそ、最初のお客様には徹底的に満足してもらいましょう。

そういう気持ちが大事になります。

 

 

そして、満足してくれたお客様が『喜びの声』を発してくれたら、

また次のお客様が集まってくれます。

 

 

そうやって【良い循環】は生まれていきます。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone