利益の再投資が会社の未来を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

『雪だるま方式に儲かっていった・・・』

 

 

そんな経験談の一つや二つは、

経営者なら聞いたことがあるはずです。

確かに、経営がうまくいくと、

そういう状態になる時があります。

 

 

しかし、それを経験出来るのは

ダルマの『芯』をつくれる人だけです。

伸び悩む多くの経営者は、

この芯をつくることができません。

 

 

芯がなければ、

一生懸命に転がしても大きくなることはありません。

だから、まず、この芯をつくることが大切です。

そして、この芯をつくるために必要なのが再投資です。

 

 

再投資は、どんな会社であれ以下の4つが大切。

①商品価値の向上のための『開発投資』

②認知力・営業力を高めるための『広告投資』

③チーム力アップのための『教育投資』

④生産性を上げるための『設備投資』

 

 

小さな会社では再投資の額が多くないから、

再投資をする優先順位も大切。

優先順位は業態にもよりますが、

①⇒④の順が良いことが多い。

 

 

利益が出たり、キャッシュに余裕が出てきた時には、

消費に走りたい衝動をぐっとこらえて、

未来のための投資をしましょう。

 

 

それが、やがて『雪だるまの芯』になります。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone