小さな会社だからできる採用戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

小さな会社であればあるほど、

『採用』は重要です。

 

 

それは小さな会社であればあるほど、

1人が全体に及ぼす影響が大きいからです。

 

 

1000人いる会社では、

1人が持つ影響力は、たった0.1%。

 

 

しかし、10人の会社では10%の影響力を持っています。

だから、採用が極めて重要なのです。

 

 

しかし、小さな会社は大企業と同じような、

採用活動は出来ない・・・

 

 

そう思い込んでいる経営者が多い。

 

 

しかし、大企業と同じ土俵で勝負する必要などないし、

してはいけません。

 

 

小さな会社には、

小さな会社にしか出来ない採用戦略があります。

 

 

『小さな会社の採用戦略』は、

小さなことを『売り』にすることです。

 

 

大企業のように規模や知名度、

福利厚生などで勝負するのではなく、

小さな会社ならではの特権を生かして、

優秀な人材に呼びかけるのです。

 

 

小さな会社ならではの特権を求めている求職者は、

確かに、主流ではありません。

 

 

しかし、相当な数の人材がいることも、確かです。

 

 

いつの時代にも、

チャレンジャーは存在します。

 

 

大企業と違う価値があることを意識していますか?

小さな会社が持っている価値を訴えかけていますか?

 

 

『小さな会社の特権』を『売り』にして、

優秀な人材を募集し、採用していきましょう。

 

 

【 小さな会社の7つの特権 】

①成長余力がある

②分かり易い社会正義を語れる/ミッション/使命感

③挑戦できる環境/事故裁量の大きさ

④チームとしての一体感

⑤風通しの良い社風・仕事環境

⑥社長と近くで仕事が出来る環境

⑦経営に携われるチャンスがある

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone