社長に必要なのは”自信”であり”慢心”ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

『このままでいい』

『このまま続くだろう』

 

 

社長がそう思った時、

その会社の凋落は始まっています。

 

 

一度、軌道に乗った会社の多くがダメになってしまうのは、

ほとんどの場合、経営者の『慢心』が原因です。

 

 

自信は持っていい。

胸を張って仕事をすることも大切です。

しかし『自信』と『慢心』は違います。

 

 

自信は、さらなる努力と成長を生みますが、

慢心は、怠惰と凋落を生みます。

 

 

慢心することは、とても楽です。

うぬぼれているのは、とても楽です。

井の中の蛙でいることは、とても楽です。

 

 

しかし、そんな状態が長く許されるほど、

市場経済は甘くありません。

甘くないからこそ、経済は発展していきます。

社会はより良くなっていきます。

 

 

だから、しんどくても、

自分の慢心と向き合いましょう。

慢心と、戦い続けましょう。

 

 

それも、社長の大切な仕事。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone