望遠鏡と顕微鏡で自社を識る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

『望遠鏡』しかない時、

経営は、足下から少しずつ、崩れていきます。

 

 

『顕微鏡』しかない時、

経営は、ある日突然、吹き飛ばされます。

 

 

望遠鏡か顕微鏡の、

どちらかひとつしか持っていない・・・

そういう経営者がほとんどです。

 

 

遠くだけを見る者は『近く』に足をすくわれます。

近くだけを見る者は『遠く』に叩き潰されます。

 

 

簡単なことではないが、

経営者には両方の視点がないといけません。

 

 

遠くだけを見つめて、足下を見失ってはいませんか?

足元ばかりを見て、遠くの危機を見過ごしてはいませんか?

チェックしてみましょう。

 

 

『虫の目』で足元を見て、

『鳥の目』で遠くを見つめる。

 

 

成功し続ける経営者は、

虫の目と鳥の目の二つの目を持っています。

 

 

そして、いつも、木も見て、森も見る。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone