経営者は見られている

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

どんな優秀な経営者でも、

長く経営をやっていると、

厳しい時代の1つや2つはあります。

 

 

何をしたらいいのか分からず、途方に暮れる時、

誰を信じていいのか分からなくなり、孤独を感じる時、

何をやっても手応えが無く、徒労感だけが残る時、

そんな時の1つや2つは、やってきます。

 

 

それでも経営者は、前を向いていかないといけません。

胸を張って、上を向いて歩いていかないといけません。

なぜなら、あなたは、見られているからです。

 

 

あなたは、お客様から、見られています。

あなたは、社員から、見られています。

あなたは、社会から、見られています。

 

 

人は、下を向いている人から、商品は買いたくないものです。

人は、元気のない人には、ついていきたくないものです。

社会は、そういう人に、何かを任せたくないものです。

 

 

だから、経営者は、まず、上を向くことです。

どんなに辛い時でも、我慢して上を向いていることです。

 

 

それは経営者の『大切な仕事』です。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone