効率より効果を追求する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

経営にとって、

まず必要なのは『効果』です。

『効率』ではありません。

 

 

なぜなら、効果があって成果が出ていない限り、

いくら効率を上げても無駄だからです。

 

 

10万円しか売上を上げられない段階で、

いくら効率を上げても、

経営に対するインパクトは極めて小さい。

10万円を100万円に、

100万円を1,000万円にすることが大事です。

 

 

その段階では『効率性』よりも

『効果性』の方が優先順位は高くなります。

だから、成果が出るまでは、

インプットの量を減らしてはいけません。

 

 

しかし、楽をしたい経営者は、そこを勘違いします。

 

 

十分な成果を出す前から、

『効率的に』と考えてインプットを減らしてしまいます。

そんなやり方で、本当に必要な成果まで、

たどり着くことは難しくなります。

 

 

効率を上げようとしていませんか?

効果を出す前にインプットの量を下げていませんか?

 

 

『成果(アウトプット)のない効率は意味がない』

 

 

効率的じゃなくてもいい。

泥臭くてもいい。

成果を上げていきましょう。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone