本当に伝わってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

伝えることはとてつもなく難しい。

 

 

でも、伝えることの難しさを本当に理解している人は少ない。

だから、伝えるべきことを正確に伝えられている人は少ない。

 

 

例えば、あなたが社員に『がんばれ』と言った時、

ある人は100回やるし、ある人は30回しかやらない。

そしてごく希に150回やる人がいます。

 

 

野球のキャッチボールでは、

『投げた球』と『受ける球』の数は同じ。

 

 

しかし、言葉のキャッチボールでは、

『投げた球』と『受ける球』は色も形も変わってしまう。

 

 

経営者は、この事実を深く理解していないといけません。

 

 

そして、伝えたいことが伝わっていない時には、

相手の責任にしてはいけません。

そうなってしまったのは

『伝える側の責任』と考えないといけません。

 

 

自分の意図が100%伝わると思い込んでいませんか?

曖昧な表現をしていませんか?

 

 

特に社員に対しては、

一層、曖昧になりがちなので注意する。

 

 

 

この記事が登録されているカテゴリー・タグ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone