整理・整頓が○○を高め、 清潔が○を良くする

seiri001
Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0

 

 

 

100年塾には3つの看板商品があります。

 

 

この3つを経営塾に参加された社長が身につけ、

社内に導入・浸透させること業績という成果が出ます。

 

 

その3つの看板商品とは、

①経営計画書②環境整備③斜めの関係のことを言います。

 

 

1つ目の経営計画書は、

5年後の中期計画を作成してそこから逆算して作成することで、

未来のあるべき姿になるために今期何をしなければならないかが

ハッキリすることで会社は着実に強くなっていきます。

 

 

2つ目の環境整備は、

”人の心は目に見えるものの影響を受ける”ために

徹底して働く環境を社員自らの手で改善していく。

これを愚直に実践することで、社内の環境は確実に整い、

この過程を通じて、価値観や社員の心が整い始めます。

 

 

3つ目の斜めの関係は、

社内には縦の関係と横の関係しかありません。

”身内の評価は低い”という言葉が示すように、

縦と横の2軸だけの力で社内だけの力で成長していくには

多くの労力と時間がかかります。

さらに、それが上手くいく方法なのかという確信もありません。

 

 

そこで100年塾では、会社の改革・成長を加速させるために、

同じ経営の道具を使って、同じ経営思想で経営している同志を集め、

社員が他社の社長や社員からの刺激(斜めの関係)を

受られる環境をつくっています。

 

 

時代の変化が激しいなか経営を取り巻く環境も変わり続けています。

 

 

中でも働き方改革は連日ニュースで取り上げられるほどの急務な課題となり、

社員数30人以下の小さな会社でも無視できない課題となっています。

 

 

残業時間の短縮も含め、

働き方改革を進める上での大きな課題は”生産性の向上”です。

 

 

この問題を棚上げして残業時間を短縮したり、

休日を増やしたりしても会社の体力が減るばかりです。

 

 

ここで大きな力を発揮するのが上記の2つ目に紹介した”環境整備”です。

 

 

環境整備は、5つの要素から構成されています。

 

・整理 → 捨てること
・整頓 → 整えること
・清潔 → 綺麗な状態を維持すること
・礼儀 → 躾・体で表すこと
・規律 → 決められたことを守ること

 

この5つは同時に進めることはなかなかできません。

 

 

上の”整理”から最後の”規律”に向けて、

1つずつコツコツ進めることが必要です。

 

 

”生産性の向上”のためには、

整理→整頓→清潔のサイクルを徹底して回すことです。

 

 

整理整頓は仕事の”効率”を高めます。

清潔は仕事の”質”を良くします。

 

 

仕事の効率を高め、さらに、仕事の質が良くなります。

 

 

環境整備を実践していく過程で、

社員たちはこれを無意識のまま体験する。

 

 

この時に無意識のまま体験することがとても重要と考えています。

 

 

なぜなら、小さな頃の自転車の乗り方と一緒です。

体験が先、理論は後。

これが物事が早く上達する方法だからです。

 

 

さらに、社長が会社の未来を良くするために意思決定だからです。

 

 

短期的に利益に直結しなくても、

何も理由を考えずに実行することが何より正しいのです。

 

 

環境整備を続けることで

整理→整頓→清潔のサイクルを無意識に実践することになります。

 

 

ある期間このサイクルを繰り返すことで、

自分の仕事でも整理→整頓→清潔のサイクルを

回すことができるようになります。

 

 

なぜなら、環境整備ですでに無意識のうちに体験しているからです。

 

 

整理整頓は仕事の”効率”を高めます。

清潔は仕事の”質”を良くします。

 

 

環境整備を徹底することで、

仕事の効率を高まり、さらに、仕事の質も良くなる。

 

 

結果、生産性が向上し、

残業代短縮や労働環境を見直すことができます。

 

 

 

Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0