成果が上がる社員教育とは?

program
Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0

 

 

 

昨日、一昨日は幹部養成塾の合宿でした。

 

 

参加者は総勢11名。

北は北海道から南は広島まで。

年齢も20歳から社長夫人まで性別もバラバラです。

 

 

このような研修でよく起こることは

参加者たちがバラバラ過ぎて、講義内容が通じないことがあります。

 

 

その結果、参加者の気づきも減り、結局、研修の成果が乏しくなります。

 

 

僕の会社でも、

社員を社外研修に多く出してきたので

社外研修の良い点と悪い点をしっかり分析して

各種プログラムをつくっています。

 

 

100年塾の幹部養成塾は、

これだけバラバラの参加者でも

なぜ、濃い内容と大量の気づきを習得することができるのか?

 

 

それにはきちんと理由があります。

 

 

幹部養成塾に参加している社員の社長は、

必ず100年塾に参加しています。

 

 

そこで

経営計画書・環境整備をはじめ

共通の道具、言葉、価値観を社長自らがまずは学びます。

 

 

それを社内に持ち帰って、

社長が先頭に立って実践しています。

 

 

もちろん、最初は社員の抵抗にもあいます。

 

 

これは想定内の出来事です(笑)

 

 

その抵抗にどのように対応するかも

きちんと会社別にアドバイスしています。

 

 

それでも諦めずに、社長が先頭に立って実践し続ける。

 

 

その結果、

社長のそばにいる幹部社員は、

社長の言葉や行動が変わってきたことを肌で感じているのです。

 

 

このような期間、

(僕はこの期間を”熟成期間”と呼んでます)

をプロセスとして組み込むことで

この”熟成期間”が幹部社員にとっては心の準備期間として作用します。

 

 

これはとても重要なプロセスなのです。

 

 

どの会社でも

社長の戦略と社員の実行力がなかなか結びつかないのは、

社長が一人だけで勉強をして、会社ですぐに、急に、実行するから

社員の抵抗にあい上手くいかないのです。

 

 

このような心の準備期間のプロセスを

体験した幹部社員が幹部養成塾に参加してます。

 

 

幹部養成塾で教えていることは、

100年塾で社長に教えていることを

幹部社員に分かりやすく噛み砕いて教えています。

 

 

ですから、幹部養成塾で聞くことは

すでに熟成期間で聞いたことがあることばかりなのです。

 

 

『身内の評価は低い』ですから、

社長が言ったことはなかなか社員には響きません。

 

 

しかし、参加した幹部塾で、

講師から全く同じことを言われることで

はじめて自分の中に腹落ちするのです。

 

 

これを僕は”浸透”と呼んでいます。

 

 

社員数30人以下の小さな会社は、

たくさんのことをやり過ぎて

上手くいっていないケースが多い。

 

 

そうではなく、

やらないことを決めて、やることにフォーカスして

全社で取り組むことで

想像を超える結果とお客様からの支持を得られるのです。

 

 

ですから、

社長だけが勉強していてはダメなのです。

 

 

社長が勉強したことと同じことを

社員にもしっかりと学び、”浸透”させる。

 

 

その結果、

考え方・価値観が同じ方向を向き

お客様の期待を超えることができる。

 

 

会社を変えることは、

そんなに甘くはありませんが、

それほど難しいわけでもありません。

 

 

足並みを揃えられる環境さえ手にはいれば、

あとは社長も社員も成長していくものです。

 

 

 

Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePin on Pinterest0