組織の具体的な経営方針が中小企業のブランドづくりにつながる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

 

 


中小企業のブランドづくり

 

 

 

あなたが監督を務める
サッカーチームが、
ある大会の決勝戦に進出しました!

 

 

試合時間も残すところ、
あとロスタイム4分のみ。

 

 

スコアは3ー3。
相手チームは退場者が1人。
この状況でチームの選手はどう動きますか?

 

 

『決勝戦。ロスタイム4分。スコア3ー3。』

 

 

監督のあなたは、
ライン際で大声で
選手に指示を出そうとしても、
観客の声援にかき消されて、
指示が選手に届くことはありません。

 

 

この状況で、チームの選手が
どのように動くか考えてください。

 

 

ある選手は、
相手は1人少ない。残り時間もあと4分。
 ゴール前のパワープレーで
 一気に勝負を決めるぞ
』と動く。

 

 

ある選手は、
相手は1人少ない。
 ボールを確実に回して相手を動かし、
 できたスペースを使って
 チャンスを狙おう
』と動く。

 

 

ある選手は、
相手は1人少ない。
 延長戦に入っても勝機はこちらに十分ある。
 無理して攻めずボールを確実に回して
 延長戦で勝負だ
』と動く。

 

 

このように、
それぞれの選手が考えていることが
異なることはよくあることです。

 

 

しかし、この状態では、
たとえ選手が1人多くても、
チームの動きがバラバラでは、
このチームが勝つことは難しい。

 

 

さらに、相手のチームが
『残り4分、相手からボールを奪って
 ワンチャンスに賭けよう!』

10人全員が同じ行動をすれば、
最悪の事態も招く可能性も
十分に考えられます。

 

 

チーム(組織)を動かすには、
ルール(方針)
スコアボード(数字)
タイムスケジュール(計画)
不可欠です。

 

 

この3つが集約された具体的な方針が、
全選手(社員)と共有できれさえいれば、
どのような状態に陥っても
上手に動くことができます。
 

 

反対に方針が伝わっていない、
あるいは、方針そのものがない状態では、
選手(社員)は結果を残すような
動きをすることはできません。

 

 

言葉と文字で共有し、
その内容を徹底することで、
初めて選手の行動も一致します。

 

 

行動が一致することで、
行動のバラツキがなくなります。

 

 

このバラツキことが組織にとって
致命傷となることを忘れないでください。

 

 

せっかくの良いサービスも、
前回と今回で人によって違っていると、
3回目以降の商品・サービスの購入や
お客様からの紹介をいただくことは
難しくなります。

 

 

『誰にでもできることを
 誰にもできないくらいやる。』

 これが唯一の中小企業のブランドです。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 バージョンアップ 】

コミュニケーションが

ないところには成立しない。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone