100年塾流!正しい銀行訪問の仕方【1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

 

 

100年塾流!
正しい銀行訪問の仕方【1】

 

 

では、銀行訪問はいついくか。

 

 

一般的には、
月初1日、月末、五十日が忙しい。

 

 

反対に、16日から19日は
時間にも余裕がある。

 

 

忙しいときに尋ねても
相手にしてもらえませんから、
銀行訪問銀行が暇なとき
(16日から19日の間)に行います。

 

 

銀行が閉まるのは、午後3時。

 

 

閉店間際は銀行は忙しくなります。

 

 

ましてや、
支払い手掛けが落ちない会社があると、
行員は殺気立ち、さながら戦場の様相です。

 

 

社長の相手をしている余裕はありません。

 

 

では、何時に訪問するか。

 

 

毎回、午前中に訪問しています。

 

 

午前中はそれほど慌ただしくないので、
銀行も時間を作りやすい。

 

 

1行目の訪問は、開店時間の午前9時。

 

 

シャッターが上がった時に
目の前に支店長が立っている位置で
待つように心がける。

 

 

こうしておけば、
真っ先に社長が支店長の目に留まり、
挨拶もできます。

 

 

会社の規模が小さい場合は、
支店長が対応しないことが多いため、
これであれば自然な形で挨拶ができます。

 

 

支店長の立ち位置がわからないときは、
自然に社員を銀行に向かわせて、
調べさせる念の入れようです。

 

 

1行目の訪問は、
開店してからでは意味がない。

 

 

シャッターが上がる前から
待っていることが大切です。

 

 

銀行訪問は、
伺う日時をあらかじめ伝えておくが、
必ずしも支店長がいるとは限りません。

 

 

そのときは、副支店長でも、
担当者だけでも構わない。

 

 

定期報告が目的ですから、
支店長に会えないからといって
訪問を取りやめなくてもいい。

 

 

オモシロイことに支店長の中には
「お金を貸したい」ときには同席し、
都合が悪いときは留守にする
支店長もいるようです。

 

 

例外的に、銀行側から
『この日は担当者が誰もいないので
 予定を変えてほしい』
と頼まれた時は、基本的に
『その回の訪問はパス』にしています。

 

 

銀行訪問も徹底して行う。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 信用の築き方 】

大前提、借りたものは必ず返す。

銀行に嘘(粉飾決算)をつかない。

①早期に実態を報告・連絡・相談する。

②実績が有効、余裕のある時、

限界まで借りてみる。

③預金獲得運動期間に協力する。

④定期的な銀行訪問。

⑤情報のギブ・アンド・テイク。

⑥メインバンクの乗り換えは簡単だが、

デメリットも大きいので慎重にする。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone