一瞬でできることと一生かけて創り上げること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

 

 

一瞬でできることと
一生かけて創り上げること

 

 

ある銀行員から聞いた話です。

 

 

初めて融資担当になったとき、
直属の上司に言われた言葉で、
今でもよく覚えていることが
あるそうです。

 

 

『初めて会った人でも、5分話したら、
 あの人は貸していい人かダメな人かを
 判断できないうちは一人前じゃない』

 

 

それ以後、習性のように人を、
お客様を注意深く観察する癖がつき、
まず、会社が復活できる様相を持っているか
現状分析を徹底的に行います。

 

 

単に財務分析にとどまらず、
現場に足を運んで以下のこと確認します。

 

 

幹部社員のやる気、問題意識はどうか?
会社(現場)は整っているか?

 

 

社長がいくら頑張っても、
社員の協力なしに再生する会社はありません。

 

 

社員に「社長と共に頑張ろう」という
気持ちが残っていなければ、
決して戦うことができません。

 

 

どんなに社長が体裁を整えても、
現場を見ればすぐにわかります。

 

 

社長の口から出る言葉は一瞬ですが、
現場は一瞬ではできないことを
知っているからです。

 

 

日頃の環境整備が
もしもの時に会社を救う。

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 イメージ 】

お客様の深層から、

この会社(人)は悪い会社(人)だなどと

固定化してしまったイメージを

消し去ることは至難である。

イメージとはそういうものです。

お客様は一瞬の出会いや、そのシーンを

想い出してすべての判断をする。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone